ANABUKI GENERAL PET NURSING

自分の活躍したい場に合わせて選べる2つの専攻

#動物看護師
#愛玩動物看護師
#ペットシッター
#ペットショップスタッフ
#動物施設スタッフ

愛玩動物看護師【国家資格】

のその先へ。専門性を磨く2つの専攻

※当校は国家資格「愛玩動物看護師」指定養成校です( 在学中に受験が可能) 各専攻は出願時に選択が必要です

動物看護総合学科 入学後に選べる2つの専攻

国家資格「愛玩動物看護師」資格をめざす動物看護総合学科。豊富な看護実習はもちろん、医療・福祉・美容・サービスなど授業で⾝につけた知識や技術を、動物病院でのインターンシップや業界のプロによる講演会・研修などを通してより実践的なものに⾼めます。2年次から選べる2つの専攻はアナブキ独自のカリキュラム。国家資格取得はもちろん、自分の適性や活躍したい場に合わせて専門性も磨けます。

※どちらの専攻を選択しても国家資格カリキュラムは同一で、「愛玩動物看護師」の受験資格を得られます。

▼ 入学後に選べる2つの専攻

PET NURSING AND MEDICAL

動物看護医療専攻

こんな人におすすめ

より高度な動物看護知識・技術を身につけ、
動物と飼い主様を助ける動物看護師になりたい人

より専門的で高度な技術と知識を持った愛玩動物看護師をめざす

山口大学共同獣医学部 動物医療センターで獣医療実習(インターンシップ)を受けることができます。また、看護実習・研究を重ねて動物看護スキルを極め、救急センターなどを含む動物病院で即戦力として活躍できる動物看護師をめざします。

カリキュラム

動物看護技術演習

実習・研究を通じて動物病院で必要な動物看護スキルを磨きます。日々高度に進化し続ける動物医療では、病気に対する知識はもちろん、検査技術や看護技術すべてが求められます。そのために、繰り返しの練習によって即戦力として活躍できる動物看護スキルを身に付けます。また、動物看護分野について研究・プレゼンすることにより、高度な動物医療に対応できる動物看護師をめざします。

特別行事

大学獣医療実習

山口大学共同獣医学部 動物医療センターでのインターンシップに参加します。最前線の臨床現場で動物医療への理解をより深めます。

※内容は年度により変更になる可能性がございます

PET NURSING AND THERAPY

動物看護セラピー専攻

こんな人におすすめ

人と動物の繋がりを学び、動物と飼い主様を助ける
動物看護師になりたい人

人と動物に寄り添い豊かな生活をサポートする愛玩動物看護師をめざす

「愛玩動物看護師」と「動物介在福祉士※」資格のW取得ができる中四国で唯一の専攻です。アニマルセラピーとは動物を使ったセラピー手法のことです。動物看護セラピー専攻では、介護施設等での継続的な実習を通じて動物介在活動(AAA)を実践的に学びます。また、中四国の専門学校唯一の取組みとして、日本における動物介在療法(AAT)の先駆者であり「一般財団法人国際セラピードッグ協会」の創始者 大木トオル代表による特別授業や研修により、動物介在療法(AAT)を含むアニマルセラピーの幅広い知識や動物愛護に関する知見を深めます。人と動物の繋がりを社会との関わりの中で捉える広い視野を養い、動物病院・動物関連施設だけでなく、人の介護・福祉施設で貢献できる動物看護師をめざします。

※(一社)全日本動物専門教育協会認定資格

カリキュラム

アニマルセラピー(AAA)実習

老人福祉施設や幼稚園などに出向き、動物とのふれあいやレクリエーションのもつ癒しの効果を知ることで、動物と社会との関係づくりを習得します。ただふれあうだけでなく、動物の気持ちを考えた接し方や動物が安全に食べられるおやつ作りなど様々なプログラムで動物介在活動(AAA)を継続的に行っていきます。

※3年次

特別行事(中四国でアナブキだけ!)

東京セラピー研修

「一般財団法人国際セラピードッグ協会」との連携により、セラピードッグ育成施設の見学等を含む東京セラピー研修や動物愛護に関する特別講演を実施し、動物介在療法(AAT)や動物愛護に関する知見を深めます。

※東京研修は3年次、講義は1・2年次より受講

介護施設等へ実際に訪問し、動物介在活動(AAA)を実践的に学ぶ

動物介在活動(Animal Assisted Activity : AAA)は動物とのふれあいを通じて安らぎを得ることで精神的な健康を回復させ、QOL(クオリティ・オブ・ライフ:生活の質)の維持や向上をめざすものです。アナブキのアニマルセラピー実習では、学校スタッフ犬を連れて地元の介護施設などへ訪問します。動物とのふれあいやレクリエーションのもつ癒しの効果を実践を通して学ぶことができます。また、施設利用者様や職員さんなど様々な年代の方と動物を介して関わることで、動物看護師として必要なコミュニケーション力も身につきます。

YouTube動画でみる

一般財団法人国際セラピードッグ協会との連携により、動物介在療法(AAT)や動物愛護をより深く学ぶ

名犬チロリで知られ、殺処分寸前の捨て犬たちをセラピードッグとして育成し殺処分0をめざす「(一財)国際セラピードッグ協会」との連携により、セラピードッグの育成施設の見学等(東京研修)を通して動物介在療法(AAT)の知識を身につけます。またセラピードッグのパイオニア的存在で、動物愛護法改正にも大きく貢献された同協会創始者 大木トオル代表による特別講演を実施、動物愛護に関する視野を深め、動物看護師として社会に貢献できる力を養います。

※一般財団法人国際セラピードッグ協 会のご協力のもと、3年次に動物看護セラピー専攻の特別行事として実施します。当校カリキュラムに医療機関等でのAAT実習やセラピードッグハンドラー養成のための実習は含まれません

一般社団法人国際セラピードッグ協会と動物介在療法(AAT)について

一般社団法人国際セラピードッグ協会では、様々な理由により保護者を失った犬たち(捨て犬・被災犬など)を殺処分から救い、セラピードッグに育成し、動物介在療法活動を行っています。動物介在療法(Animal Assisted Therapy:AAT)とは、医療現場で動物を介して行う『治療』であり、医療の一環として行われます。訓練された犬たち(セラピードッグ)は、それぞれの患者の心身の状況に向き合い、辛いリハビリに寄り添うなどして、身体と精神の機能回復を補助します

一般社団法人国際セラピードッグ協会ホームページより転載

獣医師からのメッセージ

獣医師 保永 里奈 さん

やすなが犬猫病院・三原市

動物愛護だけでなく、動物福祉も考えられる人に

動物看護師をめざす方は女性が多いですが、国家資格により知識・技術・専門性のある職業となり、一生涯の仕事としてめざせる職業の一つとなってほしいと思います。私自身、幼い頃から犬や生き物が好きで選んだ職業ですが、好きだけでは乗り越えられない経験もたくさんしてきました。めざした入口は動物が可愛い・好きかもしれませんが、動物「愛護」だけではなく動物「福祉」も考えられる人になってもらえたらと願います。獣医療だけではなくどの職業にも通ずるものですが、スキルアップとさらなる向上心を持ち続けることが自身のやりがいにもつながるはずです。

動物看護総合学科の西村先生が贈る、好きから始まるプロの道。


◆「愛玩動物看護師」国家資格カリキュラムは共通でどちらの専攻でも受験資格を取得できます専攻別カリキュラムの名称や内容は一部変更になる場合があります。

ニュース&トピックス

2024.06.14 第29回 高校生デザイン大賞2024 を開催いたします!

身近に潜む「Q」。今年のテーマは「Q」。  応募規定 手法・画材・素材は自由。あなたの思う「Q」を表現してください! 【応募資格】高校生であること 【募集部門】a.グラフィックデザイン部門【ポスター、ロゴマーク、プリント […]