ニュース&トピックス

【クリニックを作ろう】電子カルテクラーク特別授業(医療事務・クラーク学科)

 【授業をのぞいてみよう】
医療事務・クラーク学科 1年生
1月26日
電子カルテクラーク特別授業
   
 
  

全国の専門学校で唯一アナブキでしか受けられない「電子カルテクラーク特別授業」 

    
プロ向けのクラーク養成講義を約1年間かけて取り組むプログラムで、講師は医療・介護の情報メディアの運営や医療機関向けの研修・セミナーを行っている日本経営(メディキャスト事業部)の大西先生です!
  

電子カルテクラークとは、医師の代わりに電子カルテ入力支援、電子カルテの導入・運用を行う医療事務スタッフのことです。
   
 
  
 

年間を通して行われる実践的な授業を通じ、身に付けた知識やスキルを駆使しながら、クラークの仕事に必要な能力を身に付けています。
今回も授業の様子をほんの少しご紹介します!
  
 

自分たちでクリニックを作るとしたら、、⁉

 

授業スタート!過去3回の授業で、学生たちは様々な知識やスキルを身に付けてきましたが、今回はかなり難易度の高いグループワークが待ち受けていました!
 

 
「内科」「精神科」「整形外科」など特定の診療科を選び、「クリニックを作る」ワークです。
クリニックのコンセプトや必要な医療機器や医薬品、対象疾患のほか、どんな問診票にするか、そしてクリニックのレイアウトまで考えます。
 

  
今まで学んだことを総動員しつつ、みんなで意見を出し合って一つにまとめるというやりごたえのあるミッション。
  

 
学生たちは頭を抱えながらも、テキストやインターネット検索なども駆使して取り組んでいました!
  
   
  
大西先生も各グループを回ってヒントやアドバイスをくれます!
  

  
 

授業で得られたことは、、?

  
 
 
この授業で得られることは、クラークの仕事に必要な知識やスキルを身に付けることだけではありません。
自分たちでクリニックを作ることで、医療の現場におけるさまざまな課題やニーズに気づき、それに対応するための創造力や問題解決力を養うこともできます。
  

 
また、グループで協力してプロジェクトを完成させることで、チームワークやコミュニケーション能力も自然と向上します。
 
クラークは医師や看護師、患者様やその家族など、さまざまな人とかかわる仕事です。
今回のワークでは全体の視点をもつことで、クラークの役割だけでなく、他の職種の人たちや患者様との関わりを踏まえて考えたり行動することの大切さにも気づいたと思います。
 

    
授業の一部をご紹介しました!この授業が気になった人はこの後もぜひお読みくださいね。   
次回のレポートもお楽しみに!
   
 


 

電子カルテクラーク講義の目的
カルテを「読める」→「書ける」クラークになるために

  
1年かけて行うこのプログラムの最終目的は「カルテを書けるクラークになること」と大西先生。
  
「カルテ」は本来お医者さんが書くものですが、電子カルテクラークはカルテ作成を代行する仕事。
一見、知識があってパソコンが使えればカルテ作成もできそうに思えるかもしれませんが、このプログラムでは「他の医療従事者(医師・看護師・薬剤師など)」と「患者様」の両方に信頼されるクラークになるために必要な、一段レベルの高いスキルを身につけていきます。
   
▼カリキュラムの特長や大西先生の紹介は過去のレポートをご覧ください
【1年プログラムのキックオフ!】電子カルテクラーク特別授業
【診療シミュレーション!】電子カルテクラーク特別授業
【検査をゲームで学んじゃう⁉】電子カルテクラーク特別授業

  
  
▽過去の授業を動画でみる


  


職業実践専門課程(文科省認定)ならではのカリキュラム

   
医療事務・クラーク学科は、文科省「職業実践専門過程」に認定されています。
 
「職業実践専門過程」は、業界と連携した授業や実習をふんだんに取り入れ、最新の業界ニーズを反映したカリキュラムが特徴です。
外部の多くの医療機関や企業と提携しているので、充実の実習やインターン制度はもちろん、「その道の専門家やプロ」の指導を直接受ける貴重な機会がたくさんあります。
   
職業実践専門過程についてはこちら(pdfファイル、文部科学省)
  

【ご注意】
電子カルテクラーク講義は2024年4月入学生の方は「医療事務・クラークコース」の方のみ受講できます。
  


 
    
2024年4月新コース登場!

  
オープンキャンパス予約はこちらから  
 

✔Tiktokやってます!授業やイベントの様子も 
#医療事務学生あるある
 

@anabuki.iryo 電子カルテクラークは医療事務の知識だけではなく、体の仕組みや症状、薬の知識も知っておく必要があります‪‪✍️ 電子カルテクラーク講座では、医療事務に必要な診療報酬の知識と、医学知識を総合的に学ぶことができます👩‍⚕️👩‍💻 将来のためになるだけでなく、自分自身の身体の知識を知ることができるのでみんな興味津々です👀 #医療事務 #医療事務学生 #医療事務学科 #専門学生 #進路 #社会人 #高校生 #穴吹ビジネス専門学校 #広島 #岡山 #好きを極めてプロになる #学校 #調剤事務 #医療クラーク #電子カルテクラーク #授業 #医療 #クリニック #病院 ♬ オリジナル楽曲 – 医療事務・クラーク学科*穴吹ビジネス専門学校