ニュース&トピックス

【動画あり】ビッグデータ活用でマーケティング!(ITビジネス学科)

【授業をのぞいてみよう】
5月10日(火)

ITビジネス学科 1年生
「ビッグデータ」
  
▽この記事の30秒ダイジェスト

   
これからの時代に求められる「データを活用できる人材」。
ITビジネス学科の新入生の授業でもデータ活用を積極的に取り入れています。
今日は「ビッグデータ」の授業にお邪魔しました! 
>>2023年4月からはデータマーケターを育成する「データサイエンス専攻」もスタート!
 

 
データ活用、、、難しそう!と思うかもしれませんが、データの扱いが初めてでも取り組みやすい内容から始めるので安心ですよ!
 
今日は「ウレコン」を使います。
ウレコンは6,000万人規模の購買ビッグデータ(ID-POS)をもとにした統計データが閲覧・分析できるクラウド型サービスです。
ドラッグストアや食品スーパーマーケットといった生活に身近な購買データを簡単に用い、データの利活用によって市場感覚も養うことができます。
 

 
ビッグデータといわれるだけあって膨大なデータ(情報)がありますが、そのデータを「どう解釈して」「どう活かすか」が重要です。
今日の授業の目標は、普段目にする商品の購買データを分析して、自分なりの解釈をすることです!
  

 

  
シャンプー、ふりかけ、など指定されたカテゴリに関する購買データを見て、「どんな人に売れているのか」「エリアで違いがあるか」「その原因は?」など自分なりにレポートをまとめてプレゼンしました。
 

 
プレゼンはまだまだ緊張ぎみですが、慣れればうまくできるようになります!
チャレンジしていきましょう!
 

 
同じカテゴリや商品であっても、いろんな視点や解釈がありますね。
それぞれの価値観や普段の生活の様子も垣間見えて、クラスメイトの意見を聞くのも面白かったと思います。
 

 

  
これからさらに授業は進みます!
データを実際に扱って、課題発見や解決策の提案ができるスキルを身につけていきましょう!
 
 


◆IT×ビジネスで時代と企業をリードする人物になる
 
アナブキではこれからのビジネスに必要とされる「データ活用ができる人材」の育成を行っています。
特に、データを活用して営業・企画などを行う「データマーケティング」に力を入れています。
広島県唯一の「ビックデータマーケティング教育推進協会」加盟校でもあります。
  

    
ITビジネス学科ではITリテラシー、事務処理、マーケティング・金融など社会が求める多様なスキルを身につけ、適性や活躍したい場に合った専門性を磨きます。
  
【New!】2023年度、データサイエンス・デジタルマーケティング・オフィスビジネス、専門性を磨く3専攻が誕生します。
 
▽詳細は画像をクリック
 

 
 



▽穴吹カレッジ福山校Twitter。覗いてみる?