高度調理学科

2年制 | 男女 | 40名
文部科学大臣認定
職業実践専門課程

本気の手作りを仕事に。
感謝の声が集まる調理師をめざす。

圧倒的なレシピ数(730品目以上)で手に入れる、自信と業界就職。

学びのポイント

幅広い分野に対応した技術が身に付く

1年次から西洋料理、日本料理、中国料理、集団調理を学び、どの分野の仕事にも対応できる調理師をめざす。

「高度調理学科」では2年次に「西洋料理」か「日本料理」を専攻して学べる

1年次の実習をもとに、2年次から自分の将来を意識した専攻分野を学ぶことが可能。他校には無いオリジナルのカリキュラム。

デザート菓子も学べる

コース料理全般を学ぶなかで、デザートの技術も身に付けることが可能。将来オーナーシェフとしての活躍も。

調理師免許(国家資格)を無試験で取得できる

卒業と同時に無試験で調理師免許(国家資格かつ名称独占資格)を100%取得。

カリキュラム

高度調理実習

1年次の調理技術を元に、西洋、中国、日本など各国の料理をさらに奥深く幅広く学習。2年次は西洋料理・日本料理の専攻実習に分かれて学び、就職に繋げる。

調理特別実習

常勤講師とは別に、ホテルの総料理長やレストランオーナーシェフを地元や都市圏から招待。「テクニックと味」の両方が学べる実習を多数実施。

高度総合実習

1年次に学んだ集団調理実習を基本に、さらにレベルの高い調理技術や応用力をみにつける。

サービス実習

レストランを想定した調理とサービス術を学ぶ実践的な授業を実施。

ドリンク実践

食事に提供するドリンク関係の基本知識、材料・焙煎・淹れ方・提供方法などを実践。

フードデザイン

料理の盛り付けやお店のディスプレイ、店舗設計デザインまで幅広く学ぶ授業です。色彩感覚も養う2年制課程独自のオリジナル授業。

フードサービス論

レストランやホテルなどの「食」のサービス全般を学べる授業。会話技術など、ホスピタリティの大切さを学ぶ。

専門調理師「技術考査」対策

卒業前に実施される「技術考査」(調理師学校全国統一筆記試験) の合格を目標とした学科試験対策。

豊富な実習授業

圧倒的なレシピ数で勝ち取る、業界への道

料理の下準備から基本的なレシピ、そして応用へ。 和・洋・中+専攻で広く深い学びを実現したカリキュラムです。

在校生からのメッセージ

専門調理師の資格を取るためにがんばる!

日本料理の繊細さ、四季にあった旬の食材の調理法などの素晴らしさを世界に広げることが目標です。各国の人々が食べに来てくれる料理を作る、女性の日本料理の調理長になるという夢に向かってがんばっています。
小林 之愛さん(倉敷中央高校 出身)

母のようなかっこいいシェフをめざして

2年制ということもあり、たくさんの料理、勉強ができ、2年次には西洋料理と日本料理のコースに分かれ、専門的な料理が学べます。将来は、自分もそうだったように子どもたちから憧れられるかっこいいシェフになりたいです。
宮脇 勢那さん(庄原実業高校 出身)

めざす職業
●オーナーシェフ
●ホテルシェフ
●レストランシェフ
●パティシエ
●フードコーディネーター
●食育インストラクター
●ギャルソン(レストラン給仕) etc.
めざす資格
●調理師免許
●食品衛生責任者資格
●技術考査合格証
●食品技術管理専門士登録証
●レストランサービス技能検定3級
●フードコーディネーター3級
●食育インストラクター etc.