穴吹カレッジグループ福山

ホーム > 入試情報 募集要項 > 穴吹カレッジ福山校 3つのポリシー

穴吹カレッジグループ福山校 3つのポリシー

本校の教育理念・求める人物像

■穴吹カレッジグループ教育理念
 職業教育を通して、地域社会に貢献する人材を養成する

 本学園は、「地元の学生を地元で育て高い専門性と豊かな人間性を育み、地域社会から信頼され、貢献できる人材を育成する」ことを建学の精神に掲げ、「専門力と人間力とともに、自ら行動できるプロたる人材を養成すること」を教育目的としています。


 この目的にもとづき、卒業認定の方針(ディプロマ・ポリシー)、教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)を定めています。また、入学者を受け入れるために、次のとおり各学科において入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)を設定しています。



■アドミッション・ポリシー(全学科共通)
 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って多様な人間と協働し、学び続ける意欲がある人

穴吹カレッジ福山校 3つの方針

穴吹ビジネス専門学校

IT・ゲーム<右へスクロール>
科名 卒業認定の方針
(ディプロマ・ポリシー)
教育課程編成・実施の方針
(カリキュラム・ポリシー)
入学者受け入れの方針
(アドミッション・ポリシー:
求める人物像)
情報システム
学科

情報システム学科では、履修規程に即して必要単位
を修得し、必要な修業年限を満たしたうえで下記の
能力を備えていると判断した場合に、卒業認定およ
び専門士の称号を授与する   

  1. ① 地域社会・国際社会に貢献できる情報通信に
    関する専門的な知識と技術を身に付けている
  2. ② 組織や社会と円滑な関係を築く、コミュニケー
    ション力を身に付けている
  3. ③ 社会のニーズに柔軟に対応し、エンジニア
    としてより良い社会作りに貢献できる
  4. ④ 新しいIT技術にも積極的に取り組むことが
    できる

情報システム学科ではDPに掲げる能力を身につける
ための教育課程として、必要とされる科目を体系的
に編成し、講義・演習・実習を適切に組み合わせた
授業を行う

  1. ① 情報通信に関する分野で活躍できる能力を
    身に付けるための教育課程を編成する
  2. ② 情報通信に不可欠な専門知識能力を講義と
    実習を通じて段階的に評価する
  3. ③ 社会人基礎力の高い人材を育てることを目的に、
    問題解決に対して自ら考え能動的に実践する
    能力を養う
  4. ④ 先端技術を実習中心に学ぶことができる
    カリキュラムを実施する

情報システム学科では、卒業認定・専門士授与の方針
(DP)および教育課程編成・実施の方針(AP)に定める
教育を受けるために必要な、知識・能力や目的意識・
意欲を備えた学生を各種入学試験を通じて受け入れる

  1. ① 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って
    多様な人間と協働し、学び続ける意欲がある人
    (14校共通) 
  2. ② パソコンやネットワーク、システム開発などに
    興味があり、プログラマやエンジニアとして活躍
    したい人
  3. ③ ICTの面白さに触れたいと考えている人
AIテクノロジー
学科

AIテクノロジー学科では、履修規程に即して必要単位
を修得し、必要な修業年限を満たしたうえで下記の能力
を備えていると判断した場合に、卒業認定および専門士
の称号を授与する

  1. ① 地域社会・国際社会に貢献できるコンピュータ
    全般の知識を有し、システム開発技術を身に
    付けている
  2. ② システム設計・プログラミング・AIに関わる専門
    知識・技能を習得し、なお且つそれを社会で発揮
    できる力を身に付けている
  3. ③ 常に新しいことに挑戦することで、課題解決に
    必要な柔軟な発想力を有し、様々なニーズに
    応える企画提案力を身に付けている
  4. ④ 多様性を理解し、自ら積極的に信頼関係を構築
    できるコミュニケーション能力を身に付けている

AIテクノロジー学科ではDPに掲げる能力を身につける
ための教育課程として、必要とされる科目を体系的に
編成し、講義・演習・実習を適切に組み合わせた授業を行う

  1. ① IT業界で必要な知識・技術を体系的に学び、
    国家資格が取得できる授業構成とする
  2. ② 他者理解・コミュニケーション能力を習得する
    ため、アクティブラーニング形態の授業を実施する
  3. ③ ITに関する最新の知識・技術を実感できる、
    業界で活躍中のプロ講師による授業を実施する
  4. ④ チーム内での役割や他人との関わり方を学ぶ
    ため、グループワークや外部企業へのインターン
    シップの機会を設定する

AIテクノロジー学科では、卒業認定・専門士授与の方
針(DP)および教育課程編成・実施の方針(AP)に定める
教育を受けるために必要な、知識・能力や目的意識・
意欲を備えた学生を各種入学試験を通じて受け入れる

  1. ① 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って
    多様な人間と協働し、学び続ける意欲がある人
    (14校共通) 
  2. ② モノづくりに興味があり、世の中の暮らしを、
    IT技術を活用してさらに便利にしたい人
  3. ③ 業界で評価されるIT技術や高資格、
    高検定を取得し、即戦力として活躍したい人
ITビジネス学科

ITビジネス学科では、履修規程に即して必要単位を修
得し、必要な修業年限を満たしたうえで下記の能力を
備えていると判断した場合に、卒業認定および専門士
の称号を授与する

  1. ① 地域社会・国際社会に貢献できるビジネス分野
    全般に関する専門的な知識を身に付けている
  2. ② 組織や社会と円滑な関係を築く、コミュニケー
    ション力を身に付けている
  3. ③ 社会のニーズに柔軟に対応し、総合職(事務、
    営業、販売等)としてより良い社会作りに貢献
    できる
  4. ④ 社会の変化から未来を汲み取り、専門的な
    スキルをベースに価値あるものを提案できる

ITビジネス学科ではDPに掲げる能力を身につけるため
の教育課程として、必要とされる科目を体系的に編成
し、講義・演習・実習を適切に組み合わせた授業を行う

  1. ① ビジネス分野全般で活躍できる能力を身に付ける
    ための教育課程を編成する
  2. ② ビジネス分野全般に不可欠な専門知識能力を
    講義と実習を通じて段階的に評価する
  3. ③ 社会人基礎力の高い人材を育てることを目的に、
    問題解決に対して自ら考え能動的に実践する
    能力を養う
  4. ④ 外部企業と連携し、業界レベルの知識と技術を
    養うための科目を実施する

ITビジネス学科では、卒業認定・専門士授与の方針
(DP)および教育課程編成・実施の方針(AP)に定める
教育を受けるために必要な、知識・能力や目的意識・
意欲を備えた学生を各種入学試験を通じて受け入れる

  1. ① 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って
    多様な人間と協働し、学び続ける意欲がある人
    (14校共通) 
  2. ② パソコンをはじめとした仕事に必要な技能や
    知識を身に付けたい人
  3. ③ 身に付けたコンピュータの技能を活用し、
    業務の改善や効率化に関わりたい人
ゲーム
クリエイター
学科

ゲームクリエイター学科では、履修規程に即して必要
単位を修得し、必要な修業年限を満たしたうえで下記
の能力を備えていると判断した場合に、卒業認定および
専門士の称号を授与する 

  1. ① 地域社会・国際社会に貢献できるゲーム制作に
    関する専門的な知識と技術を身に付けている
  2. ② 組織や社会と円滑な関係を築く、コミュニケー
    ション力を身に付けている
  3. ③ 社会のニーズに柔軟に対応し、クリエーター
    としてより良い社会作りに貢献できる
  4. ④ クリエーターとして主体的・継続的に創作への
    可能性を追求する姿勢を身に付けている

ゲームクリエイター学科ではDPに掲げる能力を身
につけるための教育課程として、必要とされる科目
を体系的に編成し、講義・演習・実習を適切に組み
合わせた授業を行う

  1. ① ゲームに関する分野で活躍できる能力を
    身に付けるための教育課程を編成する
  2. ② ゲームに不可欠な専門知識能力を講義と
    実習を通じて段階的に評価する
  3. ③ 社会人基礎力の高い人材を育てることを
    目的に、問題解決に対して自ら考え能動的に実践する
    能力を養う
  4. ④ 外部企業と連携し、業界レベルの知識と
    技術を養うための科目を実施する

ゲームクリエイター学科では、卒業認定・専門士授与
の方針(DP)および教育課程編成・実施の方針(AP)に
定める教育を受けるために必要な、知識・能力や目的
意識・意欲を備えた学生を各種入学試験を通じて受け
入れる

  1. ① 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って
    多様な人間と協働し、学び続ける意欲がある人
    (14校共通) 
  2. ② ゲームが好きで、ゲーム作りや関連の業界を
    めざしたい人
  3. ③ ゲームのプログラミングやコンテンツ制作の
    技術を身に付けて社会と関わりたい人

※2022年4月入学生用


デザイン<右へスクロール>
科名 卒業認定の方針
(ディプロマ・ポリシー)
教育課程編成・実施の方針
(カリキュラム・ポリシー)
入学者受け入れの方針
(アドミッション・ポリシー:
求める人物像)
ネット動画
クリエイター
学科
【2022年
4月新設予定】

ネット動画クリエイター学科では、履修規程に即して
必要単位を修得し、必要な修業年限を満たしたうえで
下記の能力を備えていると判断した場合に、卒業認定
および専門士の称号を授与する   

  1. ① 地域社会・国際社会に貢献できる専門性を身に
    つけている
  2. ② 動画クリエイター・Webクリエイターとして必要
    な基本スキルを授業で学び、演習授業で応用力を
    身につけている
  3. ③ 常に新しいことに挑戦することで、ビジネスの
    現場で必要となる柔軟な発想力を有し、様々な
    ニーズに応えるコンテンツ制作力を身につけている
  4. ④ 多様性を理解し、信頼関係を構築できるコミュニ
    ケーション能力を身につけ、魅力的な情報発信が
    できる能力を身についている

ネット動画クリエイター学科ではDPに掲げる能力を身
につけるための教育課程として、必要とされる科目を
体系的に編成し、講義・演習・実習を適切に組み合わ
せた授業を行う

  1. ① 動画、Web、コンテンツ制作手法を学び、SNS
    を始めとするインターネットを活用のスキルを習得する
  2. ② 豊かな発想力と確かな表現力、情報発信力を身
    につけたスペシャリストを育成する
  3. ③ 最新の知識・技術を実感できる、業界で活躍中
    のプロ講師による授業を実施する

ネット動画クリエイター学科では、卒業認定・専門士
授与の方針(DP)および教育課程編成・実施の方針(AP)
に定める教育を受けるために必要な、知識・能力や
目的意識・意欲を備えた学生を各種入学試験を通じて
受け入れる

  1. ① 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って
    多様な人間と協働し、学び続ける意欲がある人
    (14校共通) 
  2. ② 情報発信・コンテンツ制作・動画制作に興味が
    あり、身につけた創作力や表現力を活かし社会に
    貢献したいと考える人
  3. ③ 自己の目標達成のため継続的に努力のできる人
  4. ④ 社会人素養や人間力向上のために、自主的に学ぼ
    うとする向上心のある人
  5. ⑤ 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って多
    様な人間と協働し、学び続ける意欲がある人
CG・Web
デザイン学科

CG・Webデザイン学科では、履修規程に即して必要単位
を修得し、必要な修業年限を満たしたうえで下記の能力
を備えていると判断した場合に、卒業認定および専門士
の称号を授与する  

  1. ① 地域社会・国際社会に貢献できるCG、Webデザイン
    に関する専門的な知識と技術を身に付けている
  2. ② 組織や社会と円滑な関係を築く、コミュニケーション
    力を身に付けている
  3. ③ 社会のニーズに柔軟に対応し、デザイナーとして
    より良い社会作りに貢献できる
  4. ④ デザインの目的に基づき、品質、コスト、スケジュ
    ールを意識した作業計画を立てることができる

CG・Webデザイン学科ではDPに掲げる能力を身につける
ための教育課程として、必要とされる科目を体系的に
編成し、講義・演習・実習を適切に組み合わせた授業
を行う

  1. ① CG、Webデザインに関する分野で活躍できる能力
    を身に付けるための教育課程を編成する
  2. ② CG、Webデザインに不可欠な専門知識能力を講義
    と実習を通じて段階的に評価する
  3. ③ 社会人基礎力の高い人材を育てることを目的に、
    問題解決に対して自ら考え能動的に実践する能力
    を養う
  4. ④ 外部企業と連携し、業界レベルの知識と技術を
    養うための科目を実施する

CG・Webデザイン学科では、卒業認定・専門士授与の
方針(DP)および教育課程編成・実施の方針(AP)に定める
教育を受けるために必要な、知識・能力や目的意識・意欲
を備えた学生を各種入学試験を通じて受け入れる

  1. ① 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って
    多様な人間と協働し、学び続ける意欲がある人
    (14校共通) 
  2. ② パソコンを使った表現に興味があり、Web
    デザインや画像制作を通して社会と関わりたい人
グラフィック
デザイン学科

グラフィックデザイン学科では、履修規程に即して
必要単位を修得し、必要な修業年限を満たしたうえで
下記の能力を備えていると判断した場合に、卒業認定
および専門士の称号を授与する   

  1. ① 地域社会・国際社会に貢献できるグラフィック
    デザインに関する専門的な知識と技術を身に
    付けている
  2. ② 組織や社会と円滑な関係を築く、コミュニケー
    ション力を身に付けている
  3. ③ 社会のニーズに柔軟に対応し、デザイナーとして
    より良い社会作りに貢献できる
  4. ④ デザインの目的に基づき、品質、コスト、
    スケジュールを意識した作業計画を立てることが
    できる

グラフィックデザイン学科ではDPに掲げる能力を身に
つけるための教育課程として、必要とされる科目を
体系的に編成し、講義・演習・実習を適切に組み合わせた
授業を行う

  1. ① グラフィックデザインに関する分野で活躍できる
    能力を身に付けるための教育課程を編成する
  2. ② グラフィックデザインに不可欠な専門知識能力を
    講義と実習を通じて段階的に評価する
  3. ③ 社会人基礎力の高い人材を育てることを目的に、
    問題解決に対して自ら考え能動的に実践する
    能力を養う
  4. ④ 外部企業と連携し、業界レベルの知識と技術を
    養うための科目を実施する

グラフィックデザイン学科では、卒業認定・専門士
授与の方針(DP)および教育課程編成・実施の方針(AP)
に定める教育を受けるために必要な、知識・能力や
目的意識・意欲を備えた学生を各種入学試験を通じて
受け入れる

  1. ① 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って
    多様な人間と協働し、学び続ける意欲がある人
    (14校共通) 
  2. ② デザインやものづくりが好きで、印刷物をメイン
    にした商業デザインを通して社会と関わりたい人
マンガ・
イラスト学科

マンガ・イラスト学科では、履修規程に即して必要単位
を修得し、必要な修業年限を満たしたうえで下記の能力
を備えていると判断した場合に、卒業認定および専門士
の称号を授与する 

  1. ① 地域社会・国際社会に貢献できるマンガ・
    イラストに関する専門的な知識と技術を身に
    付けている
  2. ② 組織や社会と円滑な関係を築く、コミュニ
    ケーション力を身に付けている
  3. ③ 社会のニーズに柔軟に対応し、作家・イラスト
    レーターとしてより良い社会作りに貢献できる
  4. ④ 独自の作風や世界観を大切にしつつ柔軟に対応
    できる技術力を身に付けている

マンガ・イラスト学科ではDPに掲げる能力を身につけ
るための教育課程として、必要とされる科目を体系的
に編成し、講義・演習・実習を適切に組み合わせた
授業を行う

  1. ① マンガ、イラストに関する分野で活躍できる
    能力を身に付けるための教育課程を編成する
  2. ② マンガ・イラストに不可欠な専門知識能力を
    講義と実習を通じて段階的に評価する
  3. ③ 社会人基礎力の高い人材を育てることを目的に、
    問題解決に対して自ら考え能動的に実践する能力
    を養う
  4. ④ コンテストの受賞と成果物としての
    ポートフォリオを評価に加える

マンガ・イラスト学科では、卒業認定・専門士授与の
方針(DP)および教育課程編成・実施の方針(AP)に
定める教育を受けるために必要な、知識・能力や
目的意識・意欲を備えた学生を各種入学試験を通じて
受け入れる

  1. ① 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って
    多様な人間と協働し、学び続ける意欲がある人
    (14校共通) 
  2. ② マンガやイラストが好きで、その表現技能を
    高めたい人
  3. ③ マンガやイラストのクリエイティブをベース
    とする仕事をめざしたい人

※2022年4月入学生用


医療事務・公務員 <右へスクロール>
科名 卒業認定の方針
(ディプロマ・ポリシー)
教育課程編成・実施の方針
(カリキュラム・ポリシー)
入学者受け入れの方針
(アドミッション・ポリシー:
求める人物像)
医療事務・
クラーク学科

医療事務・クラーク学科では、履修規程に即して必要
単位を修得し、必要な修業年限を満たしたうえで下記
の能力を備えていると判断した場合に、卒業認定および
専門士の称号を授与する

  1. ① 地域社会・国際社会に貢献できる医療事務職
    として必要な専門知識と技術を身につけている
  2. ② 思いやりの心を持ち、倫理観と責任感、幅広い
    視野を持った心豊かな人間性を身につけている
  3. ③ 医療知識、医療保険制度を統合的に理解し、
    多職種と協働できるコミュニケーション能力を
    身につけている
  4. ④ 自ら研究する姿勢を持ち、医療事務の知識のみ
    ならず関連する領域の発展に貢献できる能力を
    身につけている

医療事務・クラーク学科ではDPに掲げる能力を身に
つけるための教育課程として、必要とされる科目を
体系的に編成し、講義・演習・実習を適切に組み合
わせた授業を行う

  1. ① 医療分野の業界で必要な知識と技能を
    身につけるための教育課程を編成する
  2. ② 診療報酬知識、医療保険制度、社会保障制度、
    医療用語の理解等、医療事務全般に値する専門知識
    能力を講義と実習を通じて段階的に学ぶ
  3. ③ 接遇を伴う事務に必須な「会話力」「接遇スキル」
    の習得と問題解決や知的探求に対し、自ら考え、
    能動的に実践できる能力を養う
  4. ④ 電子カルテに伴うPCスキル、提案能力、文章能力
    を向上させることでデータ管理能力、分析能力、
    適応力を育む

医療事務・クラーク学科では、卒業認定・専門士授与
の方針(DP)および教育課程編成・実施の方針(AP)に
定める教育を受けるために必要な、知識・能力や目的
意識・意欲を備えた学生を各種入学試験を通じて
受け入れる

  1. ① 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って
    多様な人間と協働し、学び続ける意欲がある人
    (14校共通)
  2. ② 医療にかかわる事務職、あるいは電子カルテ
    インストラクターなどの医療事務支援の仕事に
    就きたい人
  3. ③ 思いやりの心と素直さを持ち、状況に応じて
    機敏に動ける人
公務員
ビジネス学科

公務員ビジネス学科では、履修規程に即して必要単位
を修得し、必要な修業年限を満たしたうえで下記の
能力を備えていると判断した場合に、卒業認定および
専門士の称号を授与する   

  1. ① 地域社会・国際社会に貢献できる公務員として
    必要な高い倫理観を身につけている
  2. ② 公務員として地域の発展と向上のために、継続
    的な学習を尊び、日々努力を続けることに重きを
    置くことができる
  3. ③ 他者と積極的に交わり、明るく協力していく
    ことに努力を惜しまないことができる
  4. ④ 社会全体に目を向け、特に地域に対する問題
    意識、当事者意識を持ち、公徳心を高く持つこと
    ができる

公務員ビジネス学科ではDPに掲げる能力を身につける
ための教育課程として、必要とされる科目を体系的に
編成し、講義・演習・実習を適切に組み合わせた授業
を行う

  1. ① 公務員試験に確実に合格するための
    教育課程を編成する
  2. ② 出題傾向、実問題に即した効率的な
    授業を行う
  3. ③ 自ら目標を設け、自ら努力できる
    授業環境を整える
  4. ④ 採用後伸び続けることを強く意識した
    問題意識を涵養する授業を行う

公務員ビジネス学科では、卒業認定・専門士授与の
方針(DP)および教育課程編成・実施の方針(AP)に
定める教育を受けるために必要な、知識・能力や目的
意識・意欲を備えた学生を各種入学試験を通じて
受け入れる

  1. ① 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って
    多様な人間と協働し、学び続ける意欲がある人
    (14校共通)
  2. ② 公務員の職種について概ね理解し、
    目標とする試験を明確にしている人
  3. ③ 自ら進んで周りの人と関わり、
    明るく素直な人
公務員学科

公務員学科では、履修規程に即して必要単位を修得し、
必要な修業年限を満たしたうえで下記の能力を備えて
いると判断した場合に、卒業認定および専門士の称号
を授与する   

  1. ① 地域社会・国際社会に貢献できる公務員として
    必要な高い倫理観を身につけている
  2. ② 公務員として地域の発展と向上のために、
    継続的な学習を尊び、日々努力を続けることに重きを
    置くことができる
  3. ③ 他者と積極的に交わり、明るく協力していく
    ことに努力を惜しまないことができる
  4. ④ 社会全体に目を向け、特に地域に対する問題
    意識、当事者意識を持ち、公徳心を高く持つことが
    できる

公務員学科ではDPに掲げる能力を身につけるための
教育課程として、必要とされる科目を体系的に編成し、
講義・演習・実習を適切に組み合わせた授業を行う

  1. ① 短期間で公務員試験に合格するための
    教育課程を編成する
  2. ② 出題傾向、実問題に即した効率的な授業を行う
  3. ③ 自ら目標を設け、自ら努力できる授業環境を
    整える
  4. ④ 採用後伸び続けることを強く意識した問題
    意識を涵養する授業を行う

公務員学科では、卒業認定・専門士授与の方針(DP)
および教育課程編成・実施の方針(AP)に定める教育を
受けるために必要な、知識・能力や目的意識・意欲を
備えた学生を各種入学試験を通じて受け入れる

  1. ① 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って
    多様な人間と協働し、学び続ける意欲がある人
    (14校共通)
  2. ② 目標とする公務員の職種を明確にしており、
    短期間での公務員試験合格をめざしている人
  3. ③ 自ら進んで周りの人と関わることができ、
    素直で高い倫理観を持っている人

※2022年4月入学生用


動物<右へスクロール>
科名 卒業認定の方針
(ディプロマ・ポリシー)
教育課程編成・実施の方針
(カリキュラム・ポリシー)
入学者受け入れの方針
(アドミッション・ポリシー:
求める人物像)
動物看護
総合学科

動物看護総合学科では、履修規程に即して必要単位を
修得し、必要な修業年限を満たしたうえで下記の能力
を備えていると判断した場合に、卒業認定および
専門士の称号を授与する 

  1. ① 地域社会・国際社会に貢献できる動物医療及び
    美容に関する専門的な知識を身に付けている
  2. ② 動物看護師やトリマー(グルーマー)として、
    飼い主と円滑なコミュニケーションができる
  3. ③ 社会のニーズに柔軟に対応し、動物と人間の
    より良い社会作りに貢献できる
  4. ④ 積極的かつ謙虚に自分自身の能力を見極め、
    更なる向上を目指すことができる

動物看護総合学科ではDPに掲げる能力を身につける
ための教育課程として、必要とされる科目を体系的に
編成し、講義・演習・実習を適切に組み合わせた
授業を行う

  1. ① 動物医療及び美容に関する分野で活躍できる能力
    を身に付けるための教育課程を編成する
  2. ② 動物医療及び美容に不可欠な専門知識能力を講義
    と実習を通じて段階的に評価する
  3. ③ 社会人基礎力の高い人材を育てることを目的に、
    問題解決に対して自ら考え能動的に実践する能力を
    養う
  4. ④ 動物看護師及びトリマー(グルーマー)に必要な
    資格習得に資する科目を配置する

動物看護総合学科では、卒業認定・専門士授与の方針
(DP)および教育課程編成・実施の方針(AP)に定める
教育を受けるために必要な、知識・能力や目的意識・
意欲を備えた学生を各種入学試験を通じて受け入れる

  1. ① 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って
    多様な人間と協働し、学び続ける意欲がある人
    (14校共通)
  2. ② 動物看護師をメインとした仕事に就くために、
    総合的な知識や技能を身に付けたい人
動物健康
美容学科

動物健康美容学科では、履修規程に即して必要単位を
修得し、必要な修業年限を満たしたうえで下記の能力
を備えていると判断した場合に、卒業認定および
専門士の称号を授与する  

  1. ① 地域社会・国際社会に貢献できる動物美容に
    関する専門的な知識を身に付けている
  2. ② トリマー(グルーマー)として、飼い主と円滑
    なコミュニケーションができる
  3. ③ 社会のニーズに柔軟に対応し、動物と人間の
    より良い社会作りに貢献できる
  4. ④ 積極的かつ謙虚に自分自身の能力を見極め、
    更なる向上を目指すことができる

動物健康美容学科ではDPに掲げる能力を身につける
ための教育課程として、必要とされる科目を体系的に
編成し、講義・演習・実習を適切に組み合わせた
授業を行う

  1. ① 動物美容に関する分野で活躍できる能力を
    身に付けるための教育課程を編成する
  2. ② 動物美容に不可欠な専門知識能力を講義と
    実習を通じて段階的に評価する
  3. ③ 社会人基礎力の高い人材を育てることを目的に、
    問題解決に対して自ら考え能動的に実践する能力を
    養う
  4. ④ トリマー(グルーマー)に必要な資格習得に
    資する科目を配置する

動物健康美容学科では、卒業認定・専門士授与の方針(DP)および教育課程編成・実施の方針(AP)に定める教育を受けるために必要な、知識・能力や目的意識・意欲を備えた学生を各種入学試験を通じて受け入れる

  1. ① 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って
    多様な人間と協働し、学び続ける意欲がある人
    (14校共通)
  2. ② 動物美容のスペシャリスト(トリマーやグルーマー)
    になるための知識や技能を身に付けたい人

※2022年4月入学生用


穴吹国際みらい専門学校

ブライダルホテル・保育<右へスクロール>
科名 卒業認定の方針
(ディプロマ・ポリシー)
教育課程編成・実施の方針
(カリキュラム・ポリシー)
入学者受け入れの方針
(アドミッション・ポリシー:
求める人物像)
ブライダル・
ホテル学科

ブライダル・ホテル学科では、履修規程に即して必要
単位を修得し、必要な修業年限を満たしたうえで下記
の能力を備えていると判断した場合に、卒業認定および
専門士の称号を授与する   

  1. ① 地域社会・国際社会に貢献できるホテルと
    ブライダルの両分野に必要な専門知識と技術を
    身につけている
  2. ② 組織や社会と円滑な関係を築く、コミュニ
    ケーション力を身につけている
  3. ③ 最上級のホスピタリティを身につけることに
    より、職場において中心的スタッフとして活躍する
    ことができる
  4. ④ 未経験の業務やお客様の要望にも臨機応変に
    対応でき、場面に応じた慎重で冷静かつ的確な行動を
    取ることができる

ブライダル・ホテル学科ではDPに掲げる能力を身に
つけるための教育課程として、必要とされる科目を
体系的に編成し、講義・演習・実習を適切に組み
合わせた授業を行う

  1. ① ホテルやブライダル業界で必要な知識と
    技能を身につけるための教育課程を編成する
  2. ② ホテル分野におけるサービス関連の知識と
    技能を身につけた証明としてレストランサービス技能検定
    を取得する
  3. ③ ブライダル分野に関しては、1年次に専門
    分野の知識を重点的に習得し、ブライダルコーディネート
    技能検定を取得する
  4. ④ 2年次はより実践的に学習し、学科最大の
    イベント「プレシャス・ウェディング」を成功させること
    ができるノウハウを身につける

ブライダル・ホテル学科では、卒業認定・専門士授与
の方針(DP)および教育課程編成・実施の方針(AP)に
定める教育を受けるために必要な、知識・能力や
目的意識・意欲を備えた学生を各種入学試験を通じて
受け入れる

  1. ① 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って
    多様な人間と協働し、学び続ける意欲がある人
    (14校共通)
  2. ② ホテルとブライダルの両分野に関する興味や
    関心が高く、専門知識と技能をしっかりと身につけようと
    考えている人
  3. ③ 身につけた知識と技能を活かしたホスピタリティ
    が求められる仕事に就きたい人
国際ホテル
ビジネス学科

国際ホテルビジネス学科では、履修規程に即して必要
単位を修得し、必要な修業年限を満たしたうえで下記の
能力を備えていると判断した場合に、卒業認定および
専門士の称号を授与する

  1. ① 地域社会・国際社会に貢献できるホテル分野
    に必要な専門知識と技術を身につけている
  2. ② ホテルなどのインバウンド観光客の対応等に
    おいて、ビジネス全般の知識と技能を活かし
    中心的スタッフとして活躍することができる
  3. ③ 受付や事務スタッフなど様々な業務において
    語学力を駆使し、ホスピタリティ精神に基づいた
    対応、行動を取ること ができる
  4. ④ 外国人スタッフをマネジメントするために
    求められる基礎知識を持っている

国際ホテルビジネス学科ではDPに掲げる能力を身に
つけるための教育課程として、必要とされる科目を
体系的に編成し、講義・演習・実習を適切に組み
合わせた授業を行う

  1. ① ホテル業界で必要な知識と技能を身につける
    ための教育課程を編成する
  2. ② ホテル分野におけるサービス関連の知識と
    技能を身につけた証明としてホテル実務技能認定
    試験初級を取得する
  3. ③ パソコン技能、ビジネス文書、ビジネスマナー
    に加え、簿記や労務管理、英会話等に関する学習
    を行う事により、日本での就職に必要となる社会
    人としての基礎を確実に身につける

国際ホテルビジネス学科では、卒業認定・専門士授与
の方針(DP)および教育課程編成・実施の方針(AP)に
定める教育を受けるために必要な、知識・能力や
目的意識・意欲を備えた学生を各種入学試験を通じて
受け入れる

  1. ① 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って
    多様な人間と協働し、学び続ける意欲がある人
    (14校共通)
  2. ② ホテルやビジネス業務全般に関心が高く、
    専門知識と技能をしっかりと身につけようと
    考えている留学生
  3. ③ 身につけた知識と技能を活かし、
    日本国内での就職を目指している留学生
こども福祉教育
学科

こども福祉教育学科では、履修規程に即して必要単位
を修得し、必要な修業年限を満たしたうえで下記の能力
を備えていると判断した場合に、卒業認定および専門士
の称号を授与する

  1. ① 地域社会・国際社会に貢献できる保育者として
    必要な専門知識と技術を身につけている
  2. ② 礼節・使命感を持ち、豊かな感性を身につけ、
    多様な価値観を受け入れながら他者と協働する
    ことができる
  3. ③ 保育現場での実践力とともに、問題解決に必要な
    思考力・判断力・表現力を身につけている
  4. ④ 主体的に様々な事に挑戦し、保育・幼児教育に
    関することを学び続け社会に貢献できる

こども福祉教育学科ではDPに掲げる能力を身につける
ための教育課程として、必要とされる科目を体系的に
編成し、講義・演習・実習を適切に組み合わせた授業
を行う

  1. ① 幼稚園教諭二種免許状、保育士資格の取得を
    めざす教育課程を編成する
  2. ② 幅広い教養と豊かな感性、社会人としての
    基本的なコミュニケーション能力、人間力を
    修得する
  3. ③ 音楽・造形・言葉・運動遊びなど保育現場で
    必要となる表現技術の向上や教材の開発・作成・分析能力を
    修得する
  4. ④ 専門分野における実践力を育てるために、
    実習やボランティア、様々な行事の参加を通して
    子どもの理解を深める

こども未来教育学科では、卒業認定・専門士授与の
方針(DP)および教育課程編成・実施の方針(AP)に
定める教育を受けるために必要な、知識・能力や
目的意識・意欲を備えた学生を各種入学試験を通じて
受け入れる

  1. ① 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って
    多様な人間と協働し、学び続ける意欲がある人
    (14校共通)
  2. ② 保育所、認定こども園、幼稚園などで働くために、
    必要な保育技術を習得したい人
  3. ③ 子どもが好き、という純粋な気持ちを発展させ
    乳幼児期の人間形成に関わる仕事の使命感を
    認識できる人

※2022年4月入学生用


穴吹調理製菓専門学校

調理・製菓<右へスクロール>
科名 卒業認定の方針
(ディプロマ・ポリシー)
教育課程編成・実施の方針
(カリキュラム・ポリシー)
入学者受け入れの方針
(アドミッション・ポリシー:
求める人物像)
高度調理学科

高度調理学科では、履修規程に即して必要単位を修得
し、必要な修業年限を満たしたうえで下記の能力を備え
ていると判断した場合に、卒業認定および専門士の称号
を授与する  

  1. ① 地域社会・国際社会に貢献できる調理師として
    必要な専門知識と技術を身につけている
  2. ② 組織や社会と円滑な関係を築く、コミュニケー
    ション力を身につけている
  3. ③ 調理に限らず広く食に携わるプロフェッショナル
    な社会人としての自覚を備えた人間力を
    身につけている
  4. ④ 常にサービス業の精神で人と接することのできる
    柔軟な能力と経営管理能力を兼ね備えた現場力を
    身につけている

高度調理学科ではDPに掲げる能力を身につけるための
教育課程として、必要とされる科目を体系的に編成し、
講義・演習・実習を適切に組み合わせた授業を行う

  1. ① 調理師免許取得に必要な知識と高い調理技能
    を身につけるための教育課程を編成する
  2. ② 様々なニーズに答えられるよう幅広い価値観を
    持ち、食に関する発想力や表現力を学べる授業
    を実施する
  3. ③ 将来希望する調理分野をしっかりと学び、即戦力
    として活躍できる技術と知識を学べる授業を
    実施する
  4. ④ 日々の講義や実習の成果が試されるイベントや
    学外研修を通して、調理師になるための意識を
    高める

高度調理学科では、卒業認定・専門士授与の方針(DP)
および教育課程編成・実施の方針(AP)に定める教育を
受けるために必要な、知識・能力や目的意識・意欲を
備えた学生を各種入学試験を通じて受け入れる

  1. ① 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って
    多様な人間と協働し、学び続ける意欲がある人
    (14校共通)
  2. ③ 料理に興味をもち、調理師や食にかかわる仕事に
    就きたい人
  3. ④ 調理の技術や知識をはじめとして、サービス・
    店舗・飲食店経営にも関心がある人
  4. ⑤ 目標達成のために努力し続け、
    やり遂げる気持ちのある人
国際調理学科

国際調理学科では、履修規程に即して必要単位を修得
し、必要な修業年限を満たしたうえで下記の能力を備
えていると判断した場合に、卒業認定および専門士の
称号を授与する

  1. ① 地域社会、国際社会に貢献できる調理の知識や
    技術を身に付けている
  2. ② 調理に関する基本技術と知識を習得し、料理人
    としての自覚を備えた人間力に満ちている
  3. ③ 常に「サービス業の精神」で人と接することの
    できる柔軟な能力と現場力が備わっている。

国際調理学科ではDPに掲げる能力を身につけるための
教育課程として、必要とされる科目を体系的に編成し、
講義・演習・実習を適切に組み合わせた授業を行う

  1. ① 調理に必要な知識と調理技能を身につけるための
    教育課程を編成する
  2. ② 調理理論や接客サービス、調理実習などの専門
    科目を通して調理の基礎を学び、高度調理学科
    への進学及び在留資格「特定技能」取得に必要な
    知識と技術を身につける
  3. ③ 日々の講義や実習の成果が試されるイベントや
    本物の味に触れることができる試食研修を通して、
    調理に対する意識を高める

国際調理学科では、卒業認定・専門士授与の方針(DP)
および教育課程編成・実施の方針(AP)に定める教育を
受けるために必要な、知識・能力や目的意識・意欲を
備えた学生を各種入学試験を通じて受け入れる

  1. ① 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って
    多様な人間と協働し、学び続ける意欲がある人
    (14校共通)
  2. ② 調理に興味があり、将来日本で調理スタッフ
    として働きたい留学生
  3. ③ 調理の技術や知識の更なる探求のため、
    高度調理学科への進学に関心がある留学生
パティシエ・
ベーカリー学科

パティシエ・ベーカリー学科では、履修規程に即して
必要単位を修得し、必要な修業年限を満たしたうえで
下記の能力を備えていると判断した場合に、卒業認定
および専門士の称号を授与する   

  1. ① 地域社会、国際社会に貢献できる製菓製パンの
    知識や技術を身に付けている
  2. ② 食品に関する衛生の知識を習得し、安全な食品を
    提供する責任を理解し実務能力を身に付けている
  3. ③ コミュニケーション能力を身に付け、人と接する
    中で素直に意見を聞き常にサービス業の精神で人
    と接する柔軟な能力を身に付けている 
  4. ④ 多様化するニーズに対応するために自主的に探究
    する考えを身に付けている

パティシエ・ベーカリー学科ではDPに掲げる能力を
身につけるための教育課程として、必要とされる科目
を体系的に編成し、講義・演習・実習を適切に
組み合わせた授業を行う

  1. ① 製菓衛生師免許取得の為、専門的な知識と技術を
    習得するカリキュラムを構成する
  2. ② 製菓実習では基礎から学び、業界に即応できる
    実践能力を身に付け多様な実習により
    更に技術を磨く
  3. ③ 日々の講義や実習で学習の習慣を身に付け成長を
    実感し製菓、製パン業界で働く意識を高める

パティシエ・ベーカリー学科では、卒業認定・専門士
授与の方針(DP)および教育課程編成・実施の方針(AP)
に定める教育を受けるために必要な、知識・能力や
目的意識・意欲を備えた学生を各種入学試験を通じて
受け入れる

  1. ① 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って
    多様な人間と協働し、学び続ける意欲がある人
    (14校共通)
  2. ② 製菓、製パンに関心があり、技術を身に付ける
    意欲がある人
  3. ③ 協調性や自主性があり学び続ける意欲がある人

※2022年4月入学生用

電話番号は0120-49-4646
広島県福山市東町2-3-6(入学相談室)