ニュース&トピックス

【動画あり】校内で手術実習を行いました(看護系学科)

【授業をのぞいてみよう】12月4日(水)
動物看護総合学科2・3年生・動物看護学科2年生
動物看護総合学科1年生は実習見学)

看護特別授業 手術実習(避妊・去勢手術)

穴吹動物専門学校では在学中に実際の手術を経験します。
年に数回校内で手術を行い、手術の準備・助手・経過観察など動物看護師として必要な技術を実践的に学びます。

手術に必要な設備・器具を完備しているので動物病院に近い環境で実践的に学ぶことができます。
また本物の手術体験を通して、動物の命を扱う使命感も養うことができます。

本日は看護系学科の2年生が中心となって、学生のわんちゃんとねこちゃん、計2匹の避妊・去勢手術を行いました。
避妊・去勢手術は動物病院の現場でも日常的に行われる頻度の高い手術です。

▽術前処置をする猫(スコティッシュフォールド)のひめちゃん(2歳)と、Mix犬のパルくん(0歳)
 

メインの役割を担う2年生は前日までに入念にシミュレーションを重ねて準備をしてきました。

いよいよ手術本番です!

1件目は猫のひめちゃんの避妊手術 
執刀医はあべ動物病院院長の阿部晋二先生です。 

今年2回目の実習とはいえ、少しの油断も禁物です。
先生や先輩動物看護師さんの指導を受けながら、全員が真剣に自分の役割をこなしていきます。

 

 

執刀開始!緊迫した雰囲気の中、順調に進みました。



 

▽1年生も別室にて見学します。手術台の様子はモニターでも確認することができます。
 来年は自分たちの番!先生の解説を聞きながら真剣に見守ります。

▽手術後のひめちゃんとパルくん。飼い主の学生もほっと一安心。よく頑張ったね!

学生達は緊張はしていましたが、しっかり落ち着き、周りを見て動くことができていました。
前回の手術実習から多くの経験をして成長を見せてくれました!

 
 

穴吹動物専門学校は、広島県の動物系専門学校で唯一、文科省「職業実践専門過程」に認定されています。

「職業実践専門過程」は、動物業界と連携した授業や実習をふんだんに取り入れ、最新の業界ニーズを反映したカリキュラムが特徴です。動物病院を始め、鳥取大学など外部の大学・学術団体等と提携しているので、「その道の専門家やプロ」の指導を直接受ける貴重な機会がたくさんあります

職業実践専門過程についてはこちら(pdfファイル、文部科学省)

動物が好き!動物に関わる仕事をしてみたい!
そんな方はお仕事体験もできるオープンキャンパスにもぜひ参加してみてくださいね。
学校の授業や就職先など気になることを先生や在校生に聞くこともできますよ。
高校1・2年生や社会人の方、保護者様も参加できますので、ご家族やお友達とお気軽にお越しください。

次回オープンキャンパスは12月21日()10:00~です。
詳細・ご予約はこちらから

▽次回の「入試説明会」は 2020年1月25日() 13:00~開催!

SNSでは過去のオープンキャンパスや日々の授業、学校生活の様子を随時アップしています。
フォローお待ちしています♪
【Instagram】 ♪可愛いスタッフアニマルたちの日常更新中♪
【Facebook】 ♪学校行事やイベントをレポート♪
【Twitter】 ♪最新情報をチェック♪