ニュース&トピックス

快挙!!日野原重明賞 受賞(医療事務・クラーク学科)

医療事務・クラーク学科からうれしいニュースです!!

2月24日(日)に石川県金沢市で行われた日本医療秘書学会 第16回学術大会で優秀な演題に贈られる日野原重明賞を見事受賞しました!!!

医療事務学科の井上蒼さん(福山明王台高校出身)、岩田歩乃歌さん(福山葦陽高校出身)、谷辺京花(松永高校出身)さんが発表を行いました。

演題は
もし医療秘書(事務)の仕事をAIが代行したら~AIのメリットとデメリットについて~


左から 谷辺さん 井上さん 岩田さん

昨年5月から研究を始め、試行錯誤を繰り返してきました。発表者に選ばれてからはプレゼンテーションを何度も練習してきました。
当日は、緊張感の漂う会場で堂々とした素晴らしいプレゼンテーションを見せてくれました。
10ヶ月にも及ぶ研究の成果が発揮できたと思います。

大会関係者の方からは「プレゼンテーションの姿勢が1番素晴らしかったです」「よく研究をされていますね」と高評価をいただきました。

3人とも受賞の瞬間は驚きで中々実感が湧かない様子でしたが、徐々に受賞のうれしさを噛みしめていました。
おめでとうございます(*´▽`*)

医療事務学科としては初参加ということで、前例がない中自分たちでテーマを決め、アンケートを取ったり資料作成も全て学生で行いました。一つのものをゼロから自分たちの手で作り上げ、大きな舞台でその成果を発表できたことはとても良い経験になったと思います。

春からいよいよ社会人として働き始めます。この経験を活かしそれぞれの場所で頑張ってください!!