ニュース&トピックス

【学生作品】福山の冬を彩ります

こんにちは。入学相談室クマモトです。

「ルクシアタふくやま」へはもう行きましたか?
え?行ってない?そもそもルクシアタってなに?だって?

「ルクシアタふくやま」とは、福山駅前広場をはじめとする市街中心部にイルミネーションを施すイベント。
まさに福山市の冬の一大イベントです。
今回そんなルクシアタの中で、ふくやま美術館前広場にて開催されている野外アート展に、
グラフィックデザイン学科・CGデザイン学科の学生2名と、非常勤講師のクワダヤスヒサ先生で制作した作品が展示されています。

作品名:カミアウミラーイ
制作者:穴吹情報デザイン専門学校 デザインユニット!?%
(左:クワダ先生 中央:グラフィックデザイン学科2年カジワラ君 右:CGデザイン学科2年コヤマ君)

今年のテーマは「これからの10年」。
そんなテーマに対して、彼らの作品にはこんな思いが込められているようです。


この町の10年後のミライへの希望。

それは市民と行政がしっかり噛み合ったまちづくりです。

この大きなジッパーの中央部にはミラーを設置しました。

そこに映る空の色は、刻々と変わる時代の流れを表しています。

時間をかけて、丁寧に、素敵な町にしていきたいです。


あなたにはどんなミライが見えるでしょうか?

知ってる人も知らない人も、今年はぜひ行ってみてください。
10年後のあなたが見つかるかもしれません。

ルクシアタふくやま
開催期間:12/1(日)~12/25(水)
開催時間:17:00~22:00
会場:ふくやま美術館前広場・福山駅前広場・駅前大通り